休業補償給付における待期期間中の休業補償について

休業補償

Q 従業員が仕事の最中に負傷して休むことになりました。労働基準法上の休業補償(平均賃金の100分の60の額の支給)を行わなければならなのですが、労災保険の休業補償給付により免責されるので、その手続きをとろうと思っていたところ、この給付には待期期間がありその間は補償しなければならないと聞いたのですが。どうゆうことなのでしょうか?

A おっしゃるとおり、業務上の負傷・疾病による療養のため労働することができない日について労働者災害補償保険法(以下労災法)により休業補償給付が受けられます。ただし、この休業補償給付には待期期間が通算3日あります。したがって支給されるのは4日目からで、この3日間については原則どおり事業主が労働基準法上の休業給付を支給することになります。
 なお、ここで気を付けたいのは、この労働基準法上の休業給付は給与所得ではないとゆうことです。給与計算のように計算するからといって、給与の年収にはいれないことに気を付けてください。
 また、今回は業務上の負傷に対するものですので、通勤による負傷・い疾病の場合は労災法上は休業給付があり(会社に帰責事由がないため補償とゆう言葉はつかいません)同じく4日目から支給となります。この場合は3日間について法人に休業補償の義務はありませんので、お気を付けください。

斉藤問合せ

関連記事

  1. 厚生年金・社会保険 いわゆる社会保険料や国民健康保険組合の保険料等を雇用主が負担した…
  2. ストレスチェック制度 ストレスチェック制度について
  3. 未払賃金の立替制度 未払賃金の立替制度
  4. 労働保険組合 労働保険事務組合って知っていますか?

最近の記事

  1. 休業補償
  2. 納税証明書
  3. 不動産の取得価額2
  4. 紹介料の謝礼
  5. 扶養控除等
  6. ストレスチェック制度
PAGE TOP